2014年10月02日

精神障害者フットサルチーム「Citrungs Tossa」 初試合!中国・四国ブロック交流大会参加 平成26年8月2日(土)愛媛県ツインドーム重信

 精神障害者の社会復帰への取り組みとして、スポーツなかでもフットサルについての取り組みが、サッカーのJリーグチームの支援を受けるなどして日本各地に広がりつつあります。フットサルとは「サッカー」と「室内」をあらわす言葉の合成語で、いわゆる室内サッカー競技で、コートの広さはサッカーの約4分の1、人数は5人で行います。
 年々チーム数・大会数も増加傾向にあり、国内大会で優勝し海外遠征にいたったチームもあると聞きます。高知県でも関係者が集い今夏「フットサル日本一プロジェクト」がスタートし、チーム名も「シトラングス トッサ」と決まり活動をスタートしました。
 そして8月には「中国・四国ブロック交流会」が愛媛県ツインドーム重信で開催され、台風による悪天候で参加チームが減る中、シトラングストッサは記念すべき初対外試合・初得点・初失点を記録することができました。
 3年後の愛媛国体に合わせて開催される全国障害者スポーツ大会で、フットサルはオープン競技として実施される予定です。障害・経験の有無、老若男女を問わず、選手またはスタッフとして参加していただける方を募集しておりますので、下記までご連絡ください。

foot_01.jpg  foot_02.jpg  foot_03.jpg

事務局=海辺の杜ホスピタル作業療法室(佐野)
TEL088−841-2289、FAX088−841-2280、E-mail: otr@umibeno-mori.com
posted by 新着情報 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 広報委員会からのお知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104128078

この記事へのトラックバック